注文住宅を建てるなら立地のいい場所を選ぼう

  1. ホーム
  2. 住むための一歩目

住むための一歩目

一軒家

神奈川県の南部ほぼ中央に位置するのが茅ヶ崎市です。人口は二十四万人、相模湾に面していることが要因となって夏の暑さが抑えられ冬の寒さが穏やかという過ごしやすい気候が魅力のひとつとなっています。また茅ヶ崎は東京や横浜が通勤圏内となるため、ベッドタウンとして住まいを構えることもでき、その足掛かりとして土地購入を目指す方が常時一定数みられているようです。茅ヶ崎の土地の価格はそれこそピンキリ、安いものでは数百万からで高いものになると数億円はくだらないとされ非常に幅広くなっています。安い場合は土地自体の面積が三十平米ほどと小さかったり、駅からかなり離れた郊外の奥地のような場所であるなどそれなりの理由が存在することを理解りましょう。逆に高くなれば面積は数百平米と一般的な土地の広さの数倍となり、それに加え環境面に優れた閑静な住宅街であるとか、駅から徒歩数分、スーパーや生活に便利な施設が多いなど立地条件にもかなり恵まれます。ただ土地の総額だけで判断するのは少し注意が必要、同じくらいの価格だとしても坪単価が揺蕩ているのが茅ヶ崎の特徴のひとつ、一坪当たり三十万円のところもあれば百万円近くになるところもあるのです。平均的な坪単価としては大体四十万円から五十万円くらいが相場といえます。価格からして若年層から中高年層の方まで現実的な予算で求められるので、どこかいい土地はないかと探している方には茅ヶ崎はお勧めです。